Greeting

医療・福祉の次代を拓くスペシャリストとして。

本校は昭和43年、鳥栖歯科衛生士学院として開学しました。以来、医療福祉分野で即戦力となる多くの人材を送り出してきました。また、超高齢社会という時代の要請に応えてカリキュラムや講師陣の充実にも力を注いでいます。 医療、福祉の中核を担う存在となる本校の学生はさらに注目されています。本校では国家試験合格率100%を推進、進路決定率も100%を達成。 第一線で活躍する人材育成の総合的な教育ネットワークを構築しています。次代を担うスペシャリストを目指す皆さんが、ここから大きくはばたいていくことを切に願っています。

理事長 門司健

広い視野、総合力を身につけた
医療、福祉人の育成のために。

これからの社会生活では「福祉」「医療」のキーワードを避けては通れません。この分野での実践的な知識・技術を備え、かつ高い志を持った人材は、大いに活躍の場が広がっていくものと思われます。本校では、知識偏重ではなく、福祉の観点から広い視野に立ち、人聞として人々の望みや願いをくみとれる、思いやりに満ちた専門職の育成をめざしています。また、特待制度を設けて、将来へ可能性を秘めた若い皆さんのために、積極的に勉学の門戸を開いています。

学園長 温湯勝相

コミュニケーション能力の高い次代を担う
スペシャリストを養成しています

本学園では学生に寄り添った教育を心がけ、常に学生目線で教育指導を行い、「国家試験合格率100%」、「就職率100%」、「即戦力養成」の『3つの約束』を掲げ、真摯に学生に向き合っています。さらに、即戦力強化のためのインターンコースの設置や「文武両道」の精神のもとクラブ活動を推進し、コミュニケーション能力の高い次代を担うスペシャリストを養成しています。

九州医療専門学校 校長 赤峰昭文

信頼されるケアを提供できる
人材の育成をめざしています。

近年、入院期間の短縮化や在宅療養者の増加により 、看護師は対象者の問題に応じてとっさの判断や働きかけが要求されます。本校ではコミュニケーション力や問題解決する思考力を身につけ、対象者の心身を癒し、信頼されるケアを提供できる人材の育成をめざしています。

アカデミー看護専門学校 校長 能塚きよみ

MY DREAMー夢を叶えた卒業生たちー

OG・OB’S VOICE

SPECIAL CONTENT

先輩たちは、どんな夢を描いて、どんな道を歩んだの? 学校を卒業してから現場の最前線で活躍する、先輩のリアルな声を集めました。

挨拶に始まり、挨拶に終わる。
花には水を、人には愛を。